自作室内灯にチャレンジ〜KATO編〜 #002

0

    続き

     

    さて、いよいよハンダ付けです。

     

    ハンダなんて中学校の技術・家庭の授業以来ですので30年ぶりくらいです。

     

    まずはブリッジダイオードとLEDテープをハンダ付けします。

    ここは意外と重要でちゃんと+、−の極性を合わせなければなりません。

    逆にすると点灯しません。

     

    このテープの場合、真ん中付近の上部に小さい穴みたいのがありますが、こちら側が

    +になります。

     

    ブリッジダイオードとLEDテープをハンダ付けし、もう片方には

    3mm×20mmの銅板をハンダ付けします。

    ハンダ付けが汚いのはお許しください。

     

    個人的な注意点は

    LEDテープとブリッジダイオードは出来るだけ根元に近い箇所で

    ハンダ付けをしています。

     

    逆に銅板の方はある程度、ブリッジダイオードの根元から離してハンダ付けをしています。

     

    ここで点灯試験。

    無事に点灯しました。

     

    今度は2mm×50mmの銅板です。

    こちらはだいたい35mm付近で折り曲げます。

     

    KATO純正の室内灯は軽く「く」の字型になっていますので、それを真似て

    「く」の字型に曲げます。

    (写真は曲げすぎかもしれません)

     

    そしてこれを車両に差し込みます。

     

    続く

     

    ※自作室内灯はあくまでも改造なのでこの記事を読んで車両などが壊れた、溶けた、燃えたなどは完全に自己責任になります。

    その点だけはお間違いのないようにお願いします。あくまでも自己責任でお願いします。

    また、すべてのKATOの車両に適用出来るわけではありません。ご了承下さい。

     

    むねき


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
                     

    selected entries

                     

    recommend

    recommend

    Instagram


    ランキング参加中

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM