谷川岳山開き号と七夕の出会いを狙え その6

0
    続き

    土合駅で3時間半過ごし、隣の駅に向かうことになります。

    元々の計画では隣の駅の訪問はなかったんですが
    あまりにも時間がありすぎるため盛り込んでみました。


    乗車駅証明書を持って、土合6:38発水上ゆきに乗ります。

    こちら側のホームはトンネル内にあるわけでもなく
    普通に地上にあります。



    先ほど、ここのを上野ゆき<あけぼの>が通過していったんですね。

    お、足もとにはこんな表示が。
    この日の為だけに貼られているんでしょうね。

    せっかくなのでここで記念撮影。

    しばらくすると僕たちが乗る列車がやってきました。

    これで隣の湯檜曽(ゆびそ)駅に向かいます。

    実はこの湯檜曽までに向かう間にループ線を通るんですね。
    地図で見るとこんな感じです。

    くるっと回ってるのがわかるでしょ?

    本当はこのループ線の上から湯檜曽駅を撮りたかったのですが
    車内精算をしてる間に通過してしまいました(汗)

    6:44、湯檜曽駅に到着

    ホームからもいま通ってきたルートが見えます。

    上の方に小さく架線とかがあるのわかりますかね?

    湯檜曽駅の標高は557mとホームに記してあります。
    先ほどの土合駅の駅舎の標高が653mと記してあったので
    約100m下ってきたことになります。

    まずは外に出てみましょう。

    今風のコンクリートの簡素な造りにの出入口です。
    とくとみさんの話によれば昔は立派な駅舎があったとか。
    確かにそれらしき跡地がありました。

    この駅での持ち時間は約1時間40分。

    近くに温泉街もあるということなので散策に出かけましょう。

    続く


    【旅の様子はこちらでも】
    僕とoridonさん(七鉄の会)、とくとみさん(七鉄の会)、ともちゃんの
    4人の旅。oridonさんととくとみさんのブログも合わせて読むと
    楽しさ3倍になります(笑)
    いや、3人の視点でお楽しみ下さい。




    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
                     

    selected entries

                     

    recommend

    recommend

    Instagram


    ランキング参加中

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM